リロケーションとは

持ち家を持っていたが、やむを得ない事情でその家から出なければならなくなってしまったというケースがあるかもしれません。
転勤になったり、実家の家業を継ぐ必要ができたりと理由は様々ですが、その土地から離れた場所へ引越す場合には、現在の持ち家を所有していては、維持費としてクリーニング費用がかかったり、毎年の固定資産税が取られたりと手痛い出費となってしまいます。
そこで、多くの方が売却を考えるものですが、実はその他にも、この維持費を節約しながら自分自身が副収入を得られるような方法もあります。
それが、リロケーションです。

リロケーションとは、このような理由で持ち家から離れる際に、その物件を自分の名義のまま一定期間賃貸物件として管理することを指します。
一般的には、不動産管理業者へ管理委託をしますが、知り合いに家賃をはじめとした条件を提示して契約を交わす場合にも同様です。
リロケーションをすれば、人が住んでいるため風化が防げたり、設備の維持がはかれたりするメリットが得られます。
さらに、家賃収入が得られるため税金の支払いに充てたうえで、副収入として定期的にお金が得られることや、将来的に戻るめどが立った際には、またマイホームに帰ってくることができるのがメリットです。
とはいえ、その間他の人が住むことで、住居に傷が付いてしまったり、空気感が変わってしまったりするようなデメリットもないわけではありません。
ここでは、リロケーションのメリット・デメリットについてそれぞれ説明します。



◎特選外部サイト
持ち家や分譲マンションを貸すリロケーションの見積もりができます ⇒⇒⇒ 分譲マンション 貸す

Copyright © 2014 リロケーションのメリット・デメリット All Rights Reserved.